その土地の空気を感じる

町の空気感が合っているか確認

土地を探している際に、気になった土地に実際に行って見てみることは、とても重要です。その土地のある町が商業地に近いのか、海や山などの自然が豊かな場所なのかなど、町の場所によって町の空気感は異なります。商業地に近ければ時間の流れがせわしなく感じたり、自然が豊かな場所であればゆったりとした印象を持ったりするでしょう。 また、住宅街の中の土地であっても、新しい住宅街か、昔ながらの住宅街かによって、雰囲気は大きく異なります。町を歩いてみることで、地図やインターネットなどで見ただけでは知ることができない、町の空気を感じることができるのです。同世代が多い町をいいと思うのか、そうでないのかも人それぞれです。自分や家族に合った空気感の町を選びましょう。

土地の付近の空気感がしっくりくるか確認

自分や家族に合っている土地に行くと、ここだとピンとくることがあります。一方で、事前に土地の情報を見て、土地の広さや方角を気に入っていたとしても、足を運んでみると、何か違和感を抱いたりすることがあります。その時は、些細なことと思えても、実際に住み始めると、その違和感が段々と大きな問題になるかもしれません。 たとえば、周囲に高いビルがあるために圧迫感を感じたり、人通りが多過ぎるとずっと誰かに見られているような気がして、住むとなると居心地が悪いと感じてしまうのです。その土地に行くまでに坂道があったり、土地から見える景色を実際に見ると理想のものではないこともあります。土地を買うには、高額な代金が掛かることが多々あります。自分や家族にしっくりくると思える土地を見つけるために、気になる土地に行ってみましょう。